1人は寂しいから結婚する 離婚して再婚した同級生のこと

私たちの年代になると、パートナーと死別したり離婚したりする人が増えてきます。同窓会などに出席すると、結構シングルがいます。

50代同窓会で再開

また、それなりに幸せな夫婦もいて、お互いいたわり合う話を聞くと結婚ていいな~と思います。

先日、同級生の男性と会いました。彼は、娘が高校生の時離婚しました。離婚理由を聞くと、「いつも上から目線に耐えられなくなった」と。

夫側からの離婚でした。妻はなかなか納得せず、調停でどうにか離婚が成立したそうです。結構時間が掛かったと言っていました。

娘2人を引き取り、大変な思いをしながら大学まで出し、一息ついたところで、再婚。

そんな大変な思いをして離婚したのに再婚?と聞くと、「寂しがりや」なんだそうです。1人は寂しいと・・娘が二人いて仲良しでもやっぱり娘には娘の生活があり、恋人や妻の代わりにはならないですよね。

彼は、その後、同窓会で再開した同級生の女性と再婚し、今はとてもラブラブな生活を送っています。

一緒に色々な所に旅行したり、スキーに行ったり、定年までもう少しあるけど50代後半の人生を思い切り楽しんでいます。

再婚相手の女性は初婚。でも同級生と言うことは同じ年です。一般的に男性は若い子を求める傾向にあり、どんな世代でも20代を希望すると言う調査報告もあります。

でも彼は安らぎを求めたのでしょう。今度は、学歴や家柄、見栄えなど一切考慮に入れず、優しい女性を選んだのでしょうね。(その女性は、見栄えが悪いわけではありません)

20代、30代の若い世代の婚活のマッチングでは、男性の条件に学歴と年収、身長が求められています。女性は、背の高い男性を好む傾向にあり、自分より小さい男性は論外の様です。

つまり、「人に見せてなんぼ」の男性を選ぶ傾向にあります。人からどう思われるかも重要で、「素敵な人でいいわね~羨ましい」と言われたいのです。

男性も同じく人にどう思われるか?も重要なファクターです。「何も好き好んでババァと結婚しなくても・・」などと陰口を叩かれるのは嫌ですものね。

しかし、私たち世代は、経済的に困窮しなければ、見てくれより相性であり、優しさであり、思いやりであることを痛いほどわかっている年代です。

特に、一度離婚経験のある人は、学習もし、反省もしています。恋人や夫婦にとって何が一番大切なのかが良く分かる年齢になっているはずです。

再婚した彼を見ていると、結婚って良い物だな~とつくづく思います。「やっぱり1人は寂しいんだよね」と呟いた彼の気持ちがよくわかります。

シニア 安全な婚活 

無料!簡単入力1分!厳選16社の結婚相談所サービス徹底比較!

サブコンテンツ

このページの先頭へ