結婚幸福度は3年でピークを迎え下降 30年後に上昇

結婚幸福度と言う言葉をご存知ですか?

結婚満足度

生活の質は、Quality Of Life で「QOL」と略され、結婚幸福度は、Quality Of Marriageで「QOM」と略されます。

今回、博報堂と大手結婚相談所パートナーエージェントが結婚幸福度(QOM)について調査した結果がなるほど~と思う内容でしたのでご紹介します。

調査は、結婚幸福度を6つのカテゴリーに分け、20歳~69歳までの夫婦3,600人に80の質問をしました。
6つのカテゴリーは、それぞれ、「自己PR力」、「観察力」、「ケンカ力」、「仲良し力」、「境界力」、「過去未来力」です。

結果を簡単に述べると、結婚幸福度は結婚後3年でピークを迎え、あとは下降する一方と言うことです。

なるほど~、これは納得です^^;

結婚してしばらくすると、夫や妻への愛情は覚めてただの家族になってしまうケースが多いのもうなずけます。

世帯幸福度と世帯収入は関係ない

ここで、以外だったのは、お金です。

「世帯年収と結婚幸福度は関係がない」と言う結果が出ました。

お金がないと喧嘩ばかりする夫婦をイメージしますし、離婚の原因のトップ3はお金(借金などの金銭問題)と言う事実があるからです。

今回の調査対象者の平均世帯年収は669万円と多少高めですが、もっとも結婚幸福度が低い(QOM135以下)夫婦の世帯年収は725万円と高額でした。

平均世帯年収725万円でも、決して幸せを感じるわけではないと言うことです。

これは、「結婚の幸せ感はお金では満たされない」と言うことを表しています。

多少貧乏でも、心が満たされていた方が良いということでしょうか?

再婚の方が結婚幸福度が高い

また、初婚が497点に対して、再婚は533点と、結婚幸福度が高いと言うことが分かりました。

初婚より再婚の方が幸せを感じる要因としては、夫婦関係と言うものを一度失敗している分、より相手を思いやる意識が高くなるのかもしれません。

初めての結婚ですべてが上手くいくなんてことはないのですね・・

結婚満足度

結婚30年を超えると結婚幸福度が上昇する

ここで、一番注目したのが、結婚3年をピークに下がる一方の結婚幸福度が30年を超えると上昇すると言うことです。

25歳で結婚した人が30年経って55歳になった時、再び「結婚して良かった」と思うのでしょうね。

この位の年齢になると、身体も心も老いを感じ始め、嫌でも老後を意識します。

やはり、歳をとると子どもも独立し家を出るケースが多く、「夫婦が一番」、「パートナーが必要」と再認識すると言う結果だと思います。

若い人の結婚は減る傾向にありますが、50代~60代の熟年結婚は徐々に増えてきています。

夫婦であった歳月は重要かもしれませんが、それより、人は老後を共に過ごす相手が必要だと言うことです。

この歳になると「結婚して良かった」と思う率は、ぐ~~んと高まります。

しかし、50代以降結婚または再婚しようと思うと、なかなか良い相手が見つからないのが現実です。

良い人なんてどこにいるの!?と落胆している人は、熟年が集う健全な婚活パーティに参加するのもいいですよ~~

先ずは、資料請求から初めてみてはいかがでしょう。シニア・中高年専用の資料を請求することができます。

世代別婚活資料請求

世代別にぴったりの資料が届くので、結婚できる確率がぐ~んと上がります。

婚活・結婚おうえんネット 資料請求はこちら

茜会の実績はすごいな~と思っています。茜会で出会って熟年結婚に成功した事例はこちらで紹介しています。

無料!簡単入力1分!厳選16社の結婚相談所サービス徹底比較!

サブコンテンツ

このページの先頭へ