独身女が歳をとったときの本音 独身女に居場所がないと言う記事

「独身女に居場所がない」と言う記事を読みました。

独身女

独身女と言っても、年齢によって考えることは全く違っています。子供が産める世代の独身女は、産まないことの罪悪感。

子供が産めない世代の独身女は、歳をとって社会に迷惑を掛けたくない、みっともない死に方をしたくないと言うプライド。

表面上は、独身を謳歌して、気楽にケセラセラと生きているようにみえるのですが、これが本音だとありました。

「独身女がどんなことを考えて生きてるかわかりますか?早く死にたいって思ってるんですよ。老後、施設に入るとしても、今って簡単に人は死なないでしょう?どんなに貯金をしても、五年も十年も払えるほどのお金なんてないですよ。社会に迷惑をかけないために、できるだけ早く死にたいって思ってるんですよ」

(マイナビニュースから引用)

みんながみんなこのように思っているとは思いませんが、パートナーの居ない女性の老後はお金が頼りなことだけは事実です。

上記はちょっとマイナスなコメントですが、心細くなった時、だれでも一度や二度は頭をよぎった内容ではないでしょうか。

現在私は、夫のいない独身女になって、「妻」と言う居場所が自分の精神状態をどれだけ守ってくれていたかが分かるようになりました。結婚生活がどれだけ幸せか?ではなく、「妻」と言う立場がどれほど社会に守られているかです。

「妻」と言う響きは、独身女にとっては魔物のごとく魅力的な言葉に映る時があるんですね。これは、妻という立場にいる人はなかなか分からない感覚です。実際、できるなら離婚したいと思っている妻も多いですからね。

しかし、離婚してみて離れた立場から改めて「妻」と言う立場を見ると、今まで見えなかったものが見えてくるのです。

だからと言って、「妻」の立場にあぐらをかき、何もかも守られる生活をしたいのかと言うとそんなことはありません。そうではなくて、なにか見えない「保証」みたいなものがほしい時があるのです。わがままかもしれませんが、そんなものです。

これは、男性にとっても同じことが言えるかもしれませんね。「夫」と言う居場所がどれほど社会的に有利になるか。これは、妻にとって良い夫か悪い夫かなどという論議はどうでもよいことです。

アメリカの大統領で言えば、結婚していない男性はありえないし、一度も結婚したことがないと言う男性は、会社でも「何かあるのかな?」と穿った目で見られがちです。

友人に「いい人いないの?」と聞くと、「いい男ってみんな結婚してるんだもの、残っているのは、それなりの人なのよ」と言う答えが返ってきました。

女も同じ、結婚していないのが「負け犬」的な言い方をされるとカチンときても言い返せばますます虚しくなるだけ。そんな目は放っておきましょ!と言いたいですが、そんな世の中であることは否定できません。

でも、そんな気持ちで結婚すると失敗するような気がします。安泰の居場所だけを求めて結婚すると、社会的には認められても、家庭の中では不幸せと言うことになりかねません。

社会の目で結婚するより、信頼できるパートーナーと巡りあって結婚することこそに本来の「妻の安泰」があるのではないかなと思うこの頃です。

シニア 安全な婚活 

無料資料請求 50代・60代・70代の婚活・結婚おうえんネット|あなたにピッタリの結婚相談所だけ資料をお届け!

無料!簡単入力1分!厳選16社の結婚相談所サービス徹底比較|たくさんの中から選びたい

※婚活資料は、各社とも差出人が分からない配慮がありプライバシーが守れます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ