婚活サイトは危ない?投資用マンション詐欺の手口

悪い人はどこにでもいるものですね。
婚活サイトを利用した新手の「デート商法」が流行っていますので婚活している方は、ダマされないようにしてください。

被害が増大しているのは、投資目的でマンションを買わせるケースです。不動産会社の販売員が、婚活のフリをして、婚活サイトに潜り込んでいます。会社名を隠し、悪質の場合は妻子がいることもあります。

被害は女性が男性の2倍以上で、30代女性がもっとも多いそうです。

まず、不動産会社社員は、マンションのローンが通りそうな安定収入のある人物を探します。狙うカモは投資に興味を持つ人物。

その手口は:
2人の結婚をイメージさせるような甘い言葉を言い、頻繁にメールしてきます。数回食事をした後、資産運用や節税のためとしてマンション投資を持ちかけます。その気になると、知り合いの不動産販売会社のデベロッパーと名乗る人物に会わせ契約させます。

婚活サイト詐欺事件

マンション購入後は、だんだんと疎遠になり、そのうち連絡がつかなくなります。

購入したマンションは、相場より700万~1000万くらい高かったり、購入後すぐに売却したケースでは、マンションの価値が
購入額の半値程度と分かったケースも有ります。

マンション購入には、クーリングオフがありますが、恋愛が絡むので気づくのが遅いケースが多く、間に合わない場合がほとんどです。マンションは、クーリングオフ以外解約は難しいので、購入する際は慎重に検討する必要があります。

婚活サイトでも婚活パーティでも、営業目的で近づいてくる人はいます。PTAの会合やSNS、オフ会でも、商品を売りつけられたり、保険に勧誘されたりネットワークビジネスに誘われたり、新興宗教への勧誘もあります。

被害に合わないためには、マンション購入に限らず多額のお金が必要なことを持ちかけられた場合は、怪しいと思うこと。
婚活サイトなどで公開する情報の閲覧は慎重に行い、必要以上に個人情報を掲載しないことも大切です。

このようなことがニュースになると、婚活サイトや婚活パーティーは危険と言うイメージが湧きますが、良い人もたくさんいることも確かです。

こんな暗いニュースで結婚のチャンスを逃してしまうのも良い人を見る目も養いつつ、安全な婚活をしたいですね。

シニア 安全な婚活 

無料資料請求 50代・60代・70代の婚活・結婚おうえんネット|あなたにピッタリの結婚相談所だけ資料をお届け!

無料!簡単入力1分!厳選16社の結婚相談所サービス徹底比較|たくさんの中から選びたい

※婚活資料は、各社とも差出人が分からない配慮がありプライバシーが守れます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ